恋愛観調査結果①

恋愛観調査結果①

2015年07月20日(月)1:18 PM婚活アニキ上田のブログ

ども!こんにちは。

上田しゅうです。

いや〜大阪も暑かった。。。

今、東京に戻ってまいりました😁

大阪でお会いした方もとても素敵なジェントルマンでした。

近々東京に転勤されるようで、お知り合いの方も東京には

あまりいないため、これを機に婚活を頑張っていきたいとのことでした。

ご縁があることを願ってます。

Yさん昨日はありがとうございましたm(_ _)m

またお会いしましょう!

 

夜は後輩と食事してきました。

I君、T君、時間を作ってくれてありがとうm(_ _)m

T君はキャリアアップで大手企業に転職され、やる気に満ちてました。

T君ならやれるでしょう。初心忘れるべからずでね。ずっと応援しています。

べっぴんさんの奥様、Yちゃんによろしく〜🎵

I君は変わらずアダルトな雰囲気をかもし出すやり手営業マンです。

昔からお付き合いがあるお客様からも、絶大な信頼を得ているナイスガイな男です。

これからもお客様第一で頑張ってくださいね!

ヘアケアを忘れずにね😁

 



さてさて今日は、

昨年2014年の「恋愛観調査」をちょっと調べてみました。

<2014年恋愛状況>

恋人のいる人(男女)は、20~40代未婚者で26.5%と非常に少ない結果となりました。
また、20代男性で今まで付き合ったことがない人の割合は41.6%で、その一方、現在恋人が
いない人の「恋人が欲しい」割合は64.5%だそうです。
20代未婚者(男女)全体でみると、今まで付き合ったことのない人は28.9%となっているので、
女性の方が今までお付き合いしている割合が多いのが分かります。女性は告白されるケースが
多いため、この結果につながっているのではないでしょうか。



<出会いのきっかけ>

出会いのきっかけは、「職場」「学校」「コミュニティ」「友人の紹介」が多いようです。
そのうち、約10人に1人が「SNS」または「インターネット」での出会いがきっかけとなっているようです。
詳細は、「同じ会社や職場」が25.3%、「同じ学校やクラス」18.4%、「友人の紹介」14.2%となっています。
また、「同じ会社や職場」でのきっかけについては、男女比に差があるようです。
男性で20.9%、女性で30.4%となっています。そのことから、男性よりも女性の方が、職場での恋愛経験が
多いと判断されます。やはり男性としては、同じ職場の女性に手が出しにくいのではないかと推測できます。確かに。。。
さらに「SNS」で5.0%、「SNS以外のインターネット」4.7%の結果が出ています。
だんだんとネットでの出会いのきっかけが増えてきているように思います。が、やはりインターネットは、
便利な一方、非常に危険が伴う恐れもあることを認識ください。
結婚相談所でも、インターネットで婚活や出会いを求めてきたが、結婚まで至らなかったという相談も
増えてきているのが事実です。
やはり、お相手が結婚意識の高い人だと、交際から結婚までのスピードが速く、また、身元もしっかりしている人なので、安心して婚活に励めます。そこが、インターネットとの大きな差となってくるでしょう。
その通り!オフィスラブ発見

こうしてみると、全体的に出会いのきっかけが少ないのが現状だと認識できますね。

その為に、結婚相談所の意義があります。1人でも多くの人に会い、その中で1番素敵な人と

幸せな結婚に向けてがんばって欲しいなと上田は思っています。

婚活はいろいろ大変なところもありますが、それだけみんな真剣です。

とりあえず話だけでも聞いてみようで構いません。

いつでもご相談承っています。思い立ったらコチラまでご連絡ください。

お待ちしています。



婚活のお悩みは、東京 港区の結婚相談所HAPPY AGENTにお任せください!

 

これから先日お会いしたKさんとお会いしてきまーす。

楽しみです!



ではでは。

いつも本当にありがとうございます。



«   |   »